栂池自然園 春

雪解けとともに咲くミズバショウ

例年5月中旬頃から栂池自然園は雪解けが始まります。
最初に顔を出すのは、ミズバショウです。



本州では最も遅い開花といわれていますが、ここ栂池自然園では一番最初に咲き始めます。



特に栂池自然園入り口にあるミズバショウ湿原では、6月中旬にかけて御覧のようなピークを迎えます。白馬三山を間近に感じながら、ミズバショウの可憐な花をぜひご覧ください。

栂池自然の春のお花

ミズバショウが咲くと、それを待っていたかのように他の高山植物も我先にと咲き始めます。


ミズバショウの脇に控えめに咲くリュウキンカです。ミズバショウとのコントラストがきれいです。



少し大きめの黄色いお花はシナノキンバイです。



雨に濡れると白い花が透明になることで有名なサンカヨウは、雨上がりにご覧のように透けて見えます。



人気のお花シラネアオイも見ることができます。このお花を目当てに栂池自然園を訪れる方もいらっしゃいます。



チングルマは小さな花ですが、夏には穂になり、また違った姿を見せてくれます。
その他、代表的な高山植物のイワカガミやショウジョウバカマなどたくさんの花が咲きます。
この時期は自然園の木道にもまだ雪が残っています。お足元に十分気を付けてご散策ください。
ぜひ栂池山荘にお泊り頂いて、この時期の栂池自然園をご堪能下さい!