栂池自然園 夏

7月に入ると自然園は初夏の装いとなります。
8月中旬ごろにかけて、次々と高山植物が咲き、遊歩道を歩く方の目を楽しませてくれます。

ニッコウキスゲの競演です。

栂池自然園の夏のお花といえば、何といってもニッコウキスゲです。



この時期の自然園のなかでは各所に見られますが、特にワタスゲ湿原の群生は見事です。白馬岳を背景に写真を撮られる方もたくさんいらっしゃいます。



ピーク時のニッコウキスゲの群生の様子は、迫力すら感じます。

夏のお花たち

ニッコウキスゲ以外にもこの時期に栂池自然園で楽しめるお花はたくさんあります。



クルマユリはニッコウキスゲほど群生はしていませんが、存在感のある色と形を見せてくれます。



コバイケイソウは年により花の数は違いますが、栂池自然園の夏を代表するお花です。園内の入り口付近で多く見られます。



ピンクのお花がきれいなシモツケソウもこの時期に多く見られます。



春に咲いていたチングルマはやがて穂になりご覧のような形になります。
そのほか夏のお花としてはハクサンコザクラ、ハクサンチドリ、ヒオウギアヤメ、イワイチョウなど数え上げればきりがないほどの競演が見られます。



展望湿原までくれば、白馬三山がまさに目の前にそびえ立ちます。時間も忘れてひと時のんびりと眺めていたい景色です。

また、下界は真夏のうだるような暑さでも、標高1900mの栂池自然園は別世界のような涼しさで、朝晩などは肌寒く感じるほどです。
まさに雲上の楽園ですね。
ひ栂池山荘にお泊り頂いて、この時期の栂池自然園をご堪能下さい!